ヒートテックコットンワッフル~極暖~ 2022~2023年モデル

待ちに待ったヒートテックワッフル

ヒットテックシリーズで一番のお気に入り、ワッフル素材。
何年振りの発売でしょうか。前回購入時に書いた過去記事があります。
読むと前回の購入は2012年なので、実に10年ぶりの購入です。

先日、イトーヨーカドーのBODY HEATER 「着まわし コットン」が良いですよーという記事を書いたばっかりなのですが、ヒートテックにワッフルが出ちゃったら、こっちかなぁ、と、ユニクロで購入してワクワクして帰ったわけなのです。

着用感想

HEATTECH HEATTECH
HEATTECH 商品名: ヒートテックコットンワッフル クルーネックT(九分袖)(エクストラウォーム)

素材:

本体:綿73%・アクリル20%・レーヨン4%・ポリウレタン3%

袖口:綿52%・アクリル34%・レーヨン7%・ポリウレタン7%

重量: 245g (M)

価格: ¥1,990

購入: 2022年

ベトナム製

ノーマルモデルの極暖コットンと比較すると綿の比率が高く(ワッフル73%、ノーマル52%)、重量もかなりあるので(ワッフル245g、ノーマル180g)、すごいしっかりした生地感があります。

厚みの分だけきっと極暖ノーマルより極暖ワッフルのが暖かいのではないかと思います。

肌面は綿で肌に優しく、裏起毛加工もあり着た時の感触がとてもよいです。

表地のカチッとした感じのワッフル素材は見た目にインナー感をあまり感じません。

そしてさすがのユニクロで、パッケージ裏にセールスポイントがいくつも書いてあります。

  • 発熱~水蒸気を繊維が吸収して素材が発熱
  • 保温~繊維と繊維の間にできる空気の層が発生した熱を保温
  • 吸放湿~ムレを軽減
  • 消臭~特殊な糸がにおいの元を吸着・中和
  • 抗菌防臭~雑菌の繁殖を抑制
  • ストレッチ~独自に開発した編地によるストレッチ性
  • 形状保持~特殊な編地により洗濯による型崩れを防止
  • 風合い~極細繊維によるなめらかでやわらかい手触り

すごーい。毎度のことながらハイテクな感じです。

そしていつものように、東レ(株)との共同開発だそうです。すごーい。

思ってたワッフル素材とは違った

今回発売されたヒートテックワッフルは、インナーとしてはすごく暖かくてよいのですが、過去に発売されたワッフルとは違っていて自分が期待していたものではなかったですね。

具体的には風合いです。過去のワッフルは、表裏共にワッフル生地だったので、ふんわりした着心地で快適だったのに、今回は肌面は単なる起毛、表面だけワッフル調で、むしろカチッとした感じになってしまっていて、快適性がノーマルの極暖ヒートテックより良いわけではないです。

デザインはロンTのように着れる感じではあるが、そうなると袖の9分丈が寸足らずです。生地が厚い分、伸びも悪いですし。

過去のワッフルは10分丈だったので、ワッフルの着心地とともにゆったり感があってよかった。

期待していたヒートテックワッフルとは違ったけど、暖かいからヨシとします。

おかげで今シーズンこれまでに購入した3枚のあったかインナーはそれぞれの用途・役割が被らずよかったかも。

BODY HEATER 「着まわし コットン」 → 部屋着用

ヒートテックコットンワッフル → 日常街着用

BODY HEATER 「暖かい だけじゃない」 → アウトドア、アクティビティ用

そんな感じかな。